忍者ブログ
2017.12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/11 (Mon)

東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術

 




早速ですが、貴方のお子様は次のような悩みを抱えていませんか?

成績が中々上がらずこのままでは志望校に合格出来ない!
どのようにして勉強したら良いのか分からない!
直ぐに集中力が途切れる!
モチベーションが続かない!
どの大学を選択したら良いのか分からない!
苦手科目が足を引っ張っている!
得意科目の成績をもっと伸ばすにはどうしたら良いか分からない!
受験の意味が分からなくなってしまった!

そして受験生のお子様を抱える貴方は次のような悩みを抱えていませんか?

子供との接し方が分からない!
子供の考えていることがわかならい!
子どもがやる気になってくれない!
浪人させる経済的ゆとりがない!
子供と志望校について衝突がある!
もしこのようなお悩みを持たれているのでしたら今直ぐにこの手紙を一文字たりとも読み飛ばすことの無いよう、慎重に読み進めて下さい。

今から公開する志望大学に合格する方法は、
勉強が楽しくなり、行きたい大学へ最短で一発合格出来る方法です。

一般の学習塾や予備校では絶対に教えてもらえない内容です。

ほんの10分間ですからお付き合い下さい。

そうすれば貴方が持つお悩みをわたしが全て解決致します。

 

 


 
はじめまして、脳力開発インストラクターの梅村武史と申します。
わたしは7年間にわたり脳力開発インストラクターとして、受験や資格試験の合格をエスコートしてきました。

簡単にプロフィールを紹介させていただきます。
梅村武史
ユナイテッド・ファミリー・コンサルティング 代表
1976年に東京生まれ
東京大学教養学部卒業
卒業時には学部卒業生代表者に選ばれる。

脳力開発の会社のインストラクターを7年間、
若干28歳にして人気インストラクターとしてトップの成績をおさめる。

またアメリカのナポレオン・ヒル財団リーダーシップセミナーにて英語でスピーチ

独自のコーチング手法を使い、大学だけでなく今まで多くの資格試験合格にも貢献
(宅建、東大大学院、東洋大学、DTPエキスパート、司法書士等)

中でも超難関試験といわれる公認会計士の試験に4年間不合格だった男性を合格出来るようエスコート。
合格して泣きながら電話してきた・・・
宅建の勉強を春に始めたが、仕事に追われ、試験3週間前になって、相談をしてこられた方にアドバイスして、合格させる。

2010年1月に独立、
独立後の現在は、セミナーの開催(わくわく夢教室)
毎月40名以上が参加

人を輝かせる事、人の才能を引き出す事が生き甲斐。

 

受験の意味も分からず、成績不振に悩んだ学生時代・・・


このようなわたしですが、実は受験には非常に苦労しました。

わたしは中学受験では志望校に落ちました。

わたし立の中学でしたので高校受験は御座いませんでした。

高校時代、夢や目標を持てず不完全燃焼の高校生活を送っていました。

自分に自信が持てず不安な毎日でした。


そんな時、わたしは東大卒の人たちだけが講師を勤めている塾で、数学を教わる機会がありました。
その人たちが語る数学はとてもシンプルで美しい世界でした。

わたしは学問の奥深さと純粋さに触れ、勉強って苦しいだけのものじゃ無くて、面白いものなんだ、とはじめて思えました。

それからわたしは勉強に対する考え方が180度変わりました。

65時間 超速中国語 志望校最短合格マニュアル 社会人のための基礎英語 柏木ノアのあきらめない人間関係改善コミュニケーション術 将来、東大や京大も自然に視野に入ってくる!京大卒カリスマ家庭教師監修 本格的に勉強を始める前にあなたのお子さんを勉強ができる子にしてしまう方法 あなたの英語力を引き出す方法II クレイジー・イングリッシュ 受験版 英会話TOEIC英検対策―通訳英語講師による『通じる発音講座』

 

「よし!わたしも東大を目指そう!」

 

そして東大の問題を見た時、「自分でも解けるんじゃないか」と思ってしまいました。
もしかしたらそれは勘違いだったのかもしれません。

しかし、それがきっかけとなり、わたしの勉強は始まったのです。

わたしはかたっぱしから様々な勉強法に手をつけました。
予備校から、通信教育からあらゆる事をやってきました。


しかし成績は一向にあがることは御座いませんでした。

 

判定は最低のE判定をとり続けました。

 

1人、一緒に勉強していた親友がいました。
お互いに協力し合い、心では深く繋がっていると信じていました。

しかし、受験直前、お互いがライバルだと意識し始めてから、関係が壊れてしまいました。

わたしは「受験」というものの悲しくて残酷な一面を見せられたような気がしました。

わたしは、とにかく死に物狂いで勉強し、自分を追い詰めてゆきました。

 

「落ちたら死んでやる!」

 

そして合格発表の日、僅かな希望を胸に掲示板を見に行きました。

 

 

 

結果、「不合格。」

 


そのとき、不思議なことに、心の底から聞こえてくる声がありました。

「合格するまで挑戦してやる。」「何年かかったっていい。」

 

そして、浪人時代、わたしは、人生を見つめなおし再スタートを切りました。

 


浪人したわたしは予備校に通うことになりました。

予備校では様々な先生から勉強を教わりました。
しかし、成績は現役の頃と変わりが御座いませんでした。

このままでは絶対に東大合格は無理だ!

「わたしの勉強の仕方にどこか悪いことがあるに違いない」

そう思うようになりました。

 

先生との出会いがわたしの運命を変えた


そんな時、わたしはある脳力開発の先生との出会いがありました。

その先生は、目標達成させるプロで大変な実績を持った方でした。

わたしは「これしかない!」と思い、その先生の教えを必死に学んでいきました。

ある日、転機が訪れました。

受験の本質、勉強法のカラクリが手に取るようにわかってしまったのです。

そしてわたしは、そのとき、次年度の合格を確信してしまいました。

わたしは先生に教わった勉強法方法を実際に試してゆきました。


その結果次の模試ではC判定になりました。


今までどんなに勉強してもE判定以上をとれなかったので正直驚きでした。


そして、手応えを得たわたしは更にその方法で学習を続け、

次の模試ではB判定に!


そして12月の模試ではなんと!A判定をとれるまでになっておりました。


先生に教わったこの方法で信じがたい結果を得ることができました。

 

そして試験本番も落ち着いて望むことができました。


その結果、東大に見事逆転合格。



 

PR
2011/06/02 (Thu) わくわく試験合格術